藤田嗣治という人物の説明

藤田嗣治は東京都出身の画家・彫刻家。現在においても、フランスにおいて最も有名な日本人画家といわれている。1886年11月27日、東京市牛込区小川町の医者の家に四人兄弟の末っ子として生まれました。1910年、東京美術学校西洋画科を卒業し、精力的に展覧会などに出品したが当時の勢力に気に入られず、文展などでは全て落選しています。藤田嗣治は二つの世界大戦という時代の背景の中で、伝聞とやっかみから謎と誤解を生み、評価されない日々が続いたようです。藤田は、おかっぱ頭がトレードマークでしたが、この異様な髪型も奇をてらった演出であるというのがおおかたの見方でした。しかし、パリ時代の極貧の生活の中で、節約のために伸びる髪を前が見えるように自分で少しずつ切っていた結果生まれた髪型だったのです。その時の貧乏時代を忘れないようにとその髪型を守っていたのでした。1912年に結婚し、翌年の1913年にフランス行きを決意した藤田が妻を残して単身でパリに渡りました。最初の結婚は一年あまりで終わりを告げました。渡仏した藤田嗣治はパリのモンパルナスに居を構えました。当時のモンパルナスは家賃の安さで芸術家、特に画家が多く住んでおり、多くの天才芸術家たちと1920年代のエコールド・パリの華やかな時代を過ごしました。藤田嗣治が泥酔して騒ぐ姿が良く目撃されていましたが、実は彼は一滴も酒が飲めない体質だったようです。1914年、パリでの生活を始めてわずか一年後に第一次世界大戦が始まりました。日本からの送金が途絶え、生活は貧しく、寒さのあまり、自ら描いた絵を燃やして暖をとったといわれています。1917年にフランス人女性と二度目の結婚をし、その後、戦争が終演するに連れて絵が少しずつ売れ始めました。戦後の好景気に合わせて、当時のモンパルナスにおいて経済的な面でも成功を収めた数少ないがかの仲間入りを果たしました。彼の周りには常に女性の影があ、り裸婦像のモデルたちとの浮き名を流しましたが、本人の述懐によると、モデルたちとは友情で結ばれてはいたが、愛情を持って接していた訳ではないそうです。第二次大戦の前後、日本に滞在した藤田は、軍部からの要請により、戦時意識を高揚させる選挿画を数多く描いています。パリ時代の女性を繊細に描く画法とは大きく異なったものでありました。このため、戦後は戦争協力者と画壇から排斥されることになるのです。藤田は68歳の時にフランスに帰化し、73歳でカトリックの洗礼を受けます。そして、1968年になくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です