様々なフレーバーの紅茶

今はあまり飲まなくなったけれども、以前はお茶の中でも紅茶が好きでいろいろなフレーバーの紅茶を集めていた。
私が紅茶にはまった理由は、学生時代にイギリスに旅行をして、大のイギリス好きになったからだ。イギリスは紅茶が有名だ。というよりイギリスで紅茶以外のお茶を飲む習慣はあるかどうかは、わからない。
日本のようにいろいろな種類のお茶が、コンビニでペットボトルで売られているのも見なかったような気がする。もちろんだいぶ前の話なので、今どうなっているかはわからないけれど。
ロンドンにもたくさん紅茶のお店がある。紅茶専門店でアフタヌーンティなんて、贅沢の極みである。
たくさんあるフレーバーから好きなものを選んで好きなだけ飲めるのだ。
甘い物と一緒にいただくなら、もちろんストレートがいいけれど、イギリスで紅茶といえばミルクティだ。コクがあるミルクティとスコーンの組み合わせは本当にベストマッチだと思う。
紅茶もミルクティに合う種類と、ストレートが合うものといろいろある。ミルクティは、単に牛乳だけではなく、スパイスとか蜂蜜等入れて楽しむのもいい。寒い日には、ミルクティは体を温めてくれて、ホッとさせてくれる。
紅茶専門店に行くと、実に様々なお茶の種類がある。もちろん東京にも専門店がたくさんある。
紅茶だけじゃなく、緑茶にまでフレーバーがついて販売されている。
香りのよいお茶は、カップに口をつけるその瞬間、鼻をくすぐる香りがなんともいえない。フレーバーは季節毎にいろいろ限定品があったりして、そのラインナップを見るのも楽しい。
ダージリンやアールグレイなどの定番の紅茶もいいけれど、たまには変わったフレーバーのお茶も楽しみたい。
でも例えばクリスマス限定のフレーバー等はクリスマスを過ぎてしまうと、なんだか楽しみが半減してしまう。
フレーバーティなんて毎日がぶ飲みをするものでもないから、ひとり暮らしで缶入りの紅茶を買ってしまうとなかなか消費するのが大変だ。