カテキンやビタミンC

普通お茶は、お茶の葉を急須やポットに入れて煎じて飲むものだ。
抹茶はお茶そのものを茶筅で点てて飲む。
お茶の葉そのものが粉末になっているから、お茶そのものに含まれる栄養素をそのまま取り込むことができる。
煎茶も苦みがあるけれど、抹茶もけっこう苦い。その中でも、やはり高いお茶になると、苦いながらもほのかな甘みがあって、おいしいのだ。
お茶の席では、抹茶を飲む前に、甘いお菓子が出されるが、甘さで口の中がいっぱいになったところへ少々苦みが効いたお茶を流し込むことで、甘さが緩和され、甘さと苦みがほどよく溶け合って、実にいい調和を生み出す。
お菓子と抹茶に限らず、甘いお菓子と苦い飲み物の組み合わせはたいてい、そんなものだろう。
お茶にはカテキンとかビタミンCとかいろいろな栄養素がつまっているらしい。お茶を煎じて飲んでも、その摂取量は微々たるものであろうけれど、抹茶を飲むとなると、お茶の葉まるごと飲んでいるわけであるから、体にはいいのだろう。
ビタミンCがたくさんだから、定期的に飲んでいると風邪をひきにくくなったり、お肌の調子を整えるのにはいいかもしれない。
私のお茶の先生は、独身ということもあろうが、抹茶のおかげか、色も白く肌つやよく、そして元気だ。
私はコーヒーでも、飲んで眠れなくなるということがないけれど、抹茶もカフェイン含有量が多いから、人によっては飲み過ぎて眠れなくなる人もいるのだろう。
抹茶といえば、抹茶味のお菓子もいろいろある。
アイスクリームとかケーキとか。様々なレシピ本には抹茶味のものがたくさん掲載されている。ただ、抹茶味のものはお茶の味が苦い分、糖分が他のフレーバーよりも多く入っていると聞いたことがある。
確かにイメージはなんとなく健康によさそうな気がするが、総カロリーを見てみると、以外と高いことが多い。
けれど、お茶の香りを活かしたスイーツはまた絶品だ。