お茶といえば日本

ご飯と一緒に飲んだり、日常的に飲んだりするお茶はやっぱり飲み慣れた日本茶がいい。
紅茶も好きなお茶のひとつだけれども、ご飯と一緒というよりは、三時のおやつと一緒に飲むか、たまに作る洋風朝ご飯と一緒に飲むくらいだ。
もちろん職場ではなんでもいい。紅茶でも緑茶でもコーヒーでも、喉が潤うならばお茶の種類は問わない。
緑茶も好きだけれども、なんとなく飲んでホッとするお茶は、ほうじ茶とか玄米茶だ。あまり自分では買わないのでいつも手元にあるわけではないが、食べ疲れているときや、何かホッとしたい時はペットボトルのほうじ茶を飲むことも多い。
カフェインフリーだからかもしれないけれど、胃に優しい。
緑茶はおいしいけれど、苦みがあるし、お茶に含まれるカフェイン含有量はコーヒーよりも多いと聞いたことがある。
小さい頃はコーヒー飲んだら眠れなくなると言われたけれど、緑茶だって同じだ。けれど飲み慣れている分、問題ないということだろうか。
緑茶の苦みがそれがおいしいこともある。でも胃が弱ってるとき、例えば飲み過ぎた次の日は、緑茶よりも玄米茶やほうじ茶だ。
秋晴れの日に、お茶屋さんの軒先で、お茶を焙じていることがある。そのなんともいえない、芳ばしい香りが秋を感じさせてくれてなんともいえない気分になった。
日本茶も、高いお茶は香りが違う。お茶の名店で試飲させてくれることがあるけれど、高いお茶はやはり香りが違う。
それは当たり前だけれども日本茶に限らずお茶ならなんでもそうだろう。
お茶は飲むことで得られる効用もあるけれど、コーヒーでもなんても、香りが大事だ。ほのかな甘みだったり、さわやかさだったり、だ。
ほうじ茶はその点、値段が安いのに香りがいい。安堵感がある香りだ。お茶そのものは安価なものがおそらく多いのだろう。けれど、焙じられたお茶のあの薫りは、日本人独特の感性のものではないかと思う。